FBLシャトル その後

 2017-03-19


FBL化したヒロボーシャトルのサーボとリンケージを交換してみました。
安物サーボというモノは、どんな感じなのか?実験機のテーマでもあります。

今回はHOBBY NETで販売されている、JXデジタルサーボをチョイス。
1個2600円くらいのものですが、4.8Vでも停止トルクは8kg・cmくらいあります。
JRサーボと比較しても、ガタは少なく電源オフ時でもスルスルとは動きません。

リンケージは遥か昔に売られていたCCPM化キットを少々改造し、なるべく
シンプルなリンケージになるよう変更してあります。

IMG_2303.jpg

左右のサーボがエルロンとピッチ、真ん中がエレベータに割り振ってあります。

IMG_2306.jpg

以前1フライトで抜けたジャイロのコネクターは空きピン部を無くし、さらに全体を糸で縛り上げて
抜け止めとしました。

IMG_2304.jpg

FBLヘッドはスピンドル部のゴムダンパーを廃止し、アルミでリジットカラーを製作。
(グリップとセンターハブの隙間にシルバーに光っているもの)
飛行させてみてもふわふわ感がなくなり、そこそこシャープな感覚になりました。

ジャイロの問題も今のところ発生しておらず、楽しめる機体が増えました。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://rotorblades.blog113.fc2.com/tb.php/338-8d300d52

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫