クローズアップレンズ

 2015-04-05


春はなぜか週末になるとお天気が悪くなるんですよね。この週末、土曜日は月に一度のボランティア活動で、おもちゃ修理に出かけてました。現地(松坂屋)ではなかなか直しにくいおもちゃも多く、先月に続いて入院修理となったおもちゃを持ち帰って修理。

Heli-boy-saonにはひととおりの道具が揃ってますので、電子回路以外のたいがいのものは修理できますが、軸径数mmのものを旋盤加工で製作するとなると、さすがに拡大鏡が必要な年齢になりました。

細かい仕事をしている時に、ふと以前に撮った写真を思い出しました。30mmf1.4の単焦点レンズの前にクローズアップレンズを置くとどうなるのか試した写真です。水玉レンズの写真家が最近話題になってましたが、水玉を手に持っているみたいでおもしろいでしょ。
タグ :

EXILIM デジカメケース

 2015-03-23

カシオ エクシリム用のレトロ調デジカメケースを買いました。カシオEX-ZR400はボディ前面に指掛けの凸部があるのですが、なんとも頼りない大きさで私の指には合わず。さらに表面が滑りやすいので何かの拍子に落としてしまいそうで不安でした。

IMG_1840_20150323175554847.jpg
私が子供の頃、父親のカメラにかぶっていたケースのデザインと良く似ていて、取り外し式のレンズカバーが当時の雰囲気をかもしだしていますね。ハイエンドのデジカメはレンズ部にマルチリングが付いていたりしますので、こういったデザインでないと収まりが悪いのでしょうが、EX-ZR400用ではここまで奥行きは不要。でもこの主張がたまらん良いです。

IMG_1842_20150323175555b05.jpg
カメラ底部の三脚ネジを利用してガッチリ止めるのでケースからすっぽ抜けることもなく、安心して使えると思います。止めネジも昔ながらのデザインにしてありケースを付けたまま三脚に固定することもできます。

IMG_1844.jpg
背面はデジカメならではの大きな切り欠きが入っていて、各種スイッチ類も使い易くなっています。ケース無しと比べて滑りにくくなったことからかなりホールド感がアップしたように感じます。左右から伸びた長いストラップを首に掛ければ万全ですね。

ケース付きカメラを首からぶらさげ、水筒は肩からハスに掛けて、メガネ姿とくれば全く昭和の日本人にタイムスリップ。いいねぇ~。ちなみにこの商品は本革仕様ではなく合成皮革で、2000円もしませんよ。
タグ :

新型Canon EF100-400mmの実力はいかに

 2015-03-21

新しいレンズを手にいれると、いつも新聞の経済面でその実力を試していますので久々にやってみました。

400mmで新聞の1ページが画面いっぱいになるように距離を調整しました。12mくらいですかね。絞り開放f5.6で慎重に1枚。

FC2ブログでは画像1枚あたり2MBが上限とのことで原版のアップロードはできませんので1365X2048程度に縮小してあります。(画像をクリックすると全体を見ることができます)

このレンズはテレ端での解像度が向上したということですが、絞り開放でも周辺付近までかなり良いですね。

IMG_6365.jpg
試しに300mmでの絞り開放f5.0 距離10mでも撮影してみましたが、抜群ですね~。最大望遠まで伸ばさずに少し余裕をもって380mmくらいで使えば、その実力をかなり発揮してくれそうです。

ただし、センサーの画素数が大きなデジタルカメラはわずかな手ブレでも顕著に現れるということなのでヘリ撮影のときは少しでもダウンウォッシュを浴びないように距離を取っての撮影に心掛けたいものです。安全のためにも。(でも近寄っちゃうんだなぁ)
タグ :

新機材導入

 2015-03-14

キヤノンの100-400Lズームレンズが16年ぶりにリニューアルしたニュースを聞いたのが昨年の年末。

思い起こせば今から10年近く前、写真の師匠である先輩の100-400Lズームレンズを借りて撮影したときに衝撃が走った記憶がある。

それまで使っていたレンズは俗に言う「眠い」写真が当たり前で、F8程度まで絞り込んでやっとという感じ。それが400mm領域でもクリアな被写体の輪郭に惚れ込んで、こりゃ手に入れなきゃ!とばかりにカメラ屋さんに飛び込んでました。

以来ヘリコプターの撮影にはいつも持ち出し、当然アメリカでも大活躍。ひこ~き撮りには必需品ですからね。

しかし、1989年当時はまだまだフィルムカメラ全盛期。そんな時代のテクノロジーは現代の高解像度デジカメには若干物足りず、新型レンズの登場を期待されていました。

今回のリニューアルで一番変わったのがズーム方式で旧型の直進式から新型は回転式になりました。私個人としてはズームアップ時に鏡筒の先端がニュ~っと伸びる構造はあまり好みではなく、70-200Lのように全長が変わらないほうがスマートだと思いますが、4倍ズームで性能を落とさずに全長を抑えるのは難しいのでしょうね。

買い替えるべきか、そのまま使い続けるか。資金はどうするのか。決断までに3ヶ月。

旧型と55-250ISレンズを下取りにして、今回手にいれた新型。190gの増量は特に気にならず、何より高速になったAFと強力になった手ブレ防止が、かなりいいですね。EOS7D、EOS40D、EOS10Dと順に付けてみたのですが、EOS10Dのみ相性が悪いのか動作しません。さすがに12年も前の機種では無理か・・・。

季節も来週から一気に春モードになるようで今後が楽しみです。
タグ :

皆既月食

 2014-10-08

皆さんのところでは皆既月食見れましたか。我が家のベランダからも雲間からなんとかお月様を拝むことができ、家族そろってのお月見をしました。まずは欠け始めをコンデジで1枚。

CIMG1189.jpg
当初雲が多かったので、こりゃだめだなと半ばあきらめ顔をしながら、それでもEOS7D+EF100-400LISを担ぎ出してベランダにセット。そして皆既状態になるのを待ちながら雲が切れることを祈ってました。その間コンデジでまた1枚。

IMG_4388.jpg
20時過ぎにやっと雲がきれて赤いお月様が顔を出してくれました。といってもその時間わずか10分足らずのこと。ピントあわせと露出を調整しながら何枚かのシャッターを切ったところでまた厚い雲にさえぎられてお隠れになられました。
望遠レンズでの月の撮影は久しぶりですが、まあまあこんなもんじゃないでしょうか。こちらはノートリムです。

IMG_4384_1.jpg
試しに少しだけトリミングしてシャープネスをいじったら、こうなりました。やっぱ天体望遠鏡での写真にはかないませんね。

タグ :

新しい仲間

 2014-09-21


6年ぶりにコンデジを買いました。今まで大のキヤノン党だった私が、あえて今回手に入れたのはカシオ製品。な~んでまたカシオなんだぁ?と言われるかもしれないが、私のカシオ製デジカメへの期待値は「ハイスピード」。
0.015秒のシャッタータイムラグなんて、ひょっとしたらEOSよりか速いかもしれない。とにかくシャッターボタンを押した瞬間に写る。当たり前のようで、これがなかなかコンデジに備わっていなかった。

買ったのはすでに生産終了したEX-ZR400というカメラ。新製品はEX-ZR500という型にモデルチェンジしているのだが私にとっては必要にして十分なスペックを装備しており、新製品にある「タイムラプス」という微速度撮影機能はあまり必要としていない。むしろ1000fpsまでの高速度動画撮影機能が実現できていることのほうが数倍嬉しい。会社で使うことのある高速度カメラなんて数百万円もするんだからねぇ。
近所のヤマダ電機さんでワゴンセール中だったこともあり、11200円(税抜き)+10%ポイント還元の超破格。展示処分品の文字がちょっと気にはなったものの中身は新品同様でした。

IMG_1994.jpg

今まで使っていた6年前のIXY20ISと比較すると、やや大きいもののこれは背面の液晶モニタのサイズに影響するところがあるのではないかと思う。今時の標準サイズなのかなと。画像処理機能としてはさすがカシオだけあって、これでもかというほどデジタル技術を駆使して画像を作り出している。高速シャッターで何枚もの画像を組み合わせて手ぶれ処理したりHDR撮影でダイナミックレンジを広げたりと光学系では無理な撮影をなんなくこなしてしまう。今までとは全く性格の違うカメラを使ってのデジタル写真ライフもまた楽しいですね。コンデジはこうでなくっちゃ。
タグ :

激安C-PL

 2014-08-09


Amazonで買った激安C-PLが届きました。大手メーカーの77mmサイズは¥8000~¥10000もするのに対して、この商品は、な、なんと送料込みで¥990! 全く期待していなかったんですが、回転リングも軽すぎず重すぎずスムーズに回りますし、当然ながら普通に偏光フィルターとして使えそうです。

IMG_3151.jpg

以前使っていたものには太陽の方向に合わせると目安になる△マークが入っていたのですが、このフィルターにはこの程度のプリントのみ。まあ、ファインダーをのぞきながら常に調整するのであってもなくても、どっちでもいいんですが。
PLフィルターには消費期限的なものがあるそうで、長年使っていると効果が薄れてくるって記事をどっかで読んだ記憶があります。数年でだめでも¥990ならまあいいか。
タグ :

やっちまった~(;。;)

 2014-08-06


プチ夏休みを取って東北旅行に出かけた8月初旬。友人の車の助手席足元で粗末に扱っていたEOS40D+EF-S10-22mm+C-PL。
何気なく車から降りた時に右足にストラップが引っ掛かっていたことに気が付かずそのまま地面にコトン。
「何の音だろう?」と足元を見て、ああ~っ!
幸いレンズ本体はちょっとした傷がついたものの、カメラ本体は無傷。
でも、でもC-PLフィルターは外枠がベコッっとへこんでフィルターレンズが割れてしまいました。
77mmのC-PLって高いんだよねぇ。

無いとなると寂しいものですから、お試しにAmazonで激安C-PLを買ってみました。送料込みで¥990です。
さて、どんなものが届くことやら。
タグ :

グリップストラップ

 2011-06-26


6月だというのに、連日の猛暑。今が8月だと言ってもウソに聞こえないくらい。アチ~。
右の五十肩はもうすでに4ヶ月になろうというのに、全く快方に向かわないのはなぜなんだろう。
別の病気なのか??

そんなこんなで、なかなか外に出て何かをしようという気が起きないので、EOS用のグリップストラップを作ってみました。

IMG_0381.jpg

バックルとカメラネジは引き出しの中をあさっていたら出てきたものを流用。
手芸センターで見つけた本皮のハギレを使って見様見真似でこしらえてみましたが、案外うまくできたんじゃないかとご満悦です。
アルミのシューは3ピースタイプで作りましたが、そのうちに削りだし物の1ピースタイプを作って交換するつもりです。

2セットできましたので、7Dと40Dにお揃いで装着中。
タグ :

レンズフード

 2010-10-16


愛用のEOS40Dに使っていたEF-S10-22mmレンズにフードが欲しくなり、物色。純正のEW-83Eというフードは取り付けるとその姿が喫茶店のフルーツパフェか縄文土器か見間違うようなスタイルになるそうで全くコンパクトさが無いとの事。多くの愛好家さんたちは同じ径のEW-83Hというフードの形状をケラレないように修正して使っているようですが、私はあえて少数派のタムロンAD05フードを使ってみることにしました。

IMG_1816.jpg

そのままでも装着可能とかの情報もありましたが、私のレンズには全く取り付かず。やむを得ずフードバヨネットを加工することになりましたが、フード側、レンズ側どっちを加工しようかと。レンズ側の方が圧倒的に加工しやすいんですが、後々のことも考えてフード側を少しずつ修正することに。2時間の格闘の末、見事に合体。何の違和感もないですね。コスト的には純正4250円に対してタムロン2940円とおサイフにも優しかったです。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫