またまたSSD化

 2017-12-24


メインで使っているWindows10のデスクトップPCの起動が遅くなってきました。
度重なるアップデートで何やらバックグラウンドアプリがたくさん動いているような。
この冬休みにメンテナンスすることにし、ついでにHDDをSSDに換装することにしました。

換装に使うのは前回ノートPCで使ったSanDiskのSSD PLUS。
今回は480GBのものを楽天でゲット。

クローンソフトを使って現在のHDDを丸ごとクローンしてから載せ替えで完了。

起動、終了共にかなり体感速度がアップしましたので、連休に入ったら
Windowsを初期化してメンテナンスに入ることにしましょう。
タグ :

まだ来ますか

 2017-11-30
詐欺メール

毎日毎日、詐欺メールが届くようになりました。
酔っぱらってついついクリックしそうで怖いです。

今回の詐欺メールは少々巧妙で、本文のURLは本物の楽天にそっくりです。

しかし、このURLにマウスカーソルを合わせた時に現れる、PCの左下にご注目。
全く本文とは違うURLが現れていますね。

PCはこの左下のURLに向かってジャンプしますので、この怪しいサイトに
誘導されて、「登録されました」とか「解除にはお金がかかります」とかの
怖~い結末が待っていそうです。

ネットサーフィンするときも、怪しそうなサイトはこのテクニックを使って
チェックすることをお勧めします。
タグ :

またまた怪しいメール

 2017-11-28
本日、またまた怪しいメールが届きました。
最近、多いです。この手が。
いつも利用している楽天通販に関係している偽メールです。

楽天カードからのお知らせと言っておきながら途中の本文には
「こちらをクリックして、ご請求を詳しく説明してください」
などという、上から目線的な命令文が入っています。(笑)

海外からのフィッシングメールに間違いありません。
URLをクリックしたり、電話をかけたりしたら最後ですね。

お客様からの問い合わせ電話料金はお客さま負担だという
あり得ない態度です。

更には問い合わせ可能なことを言っておきながら、このメールは
送信専用です、などと良く考えれば不思議な理屈が混在している
笑えるメールですので、決して相手にしないよう、参考にしてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   楽天カードからのお知らせ                    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつも楽天カードをご利用いただきありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------

こちらをクリックして、ご請求を詳しく説明してください:

(ここにはURLがつづられていました)

※このメールはお客様の会員登録の情報が変更されたことをお知らせする重要なご連絡です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ただいま、お客様からの変更処理に基づいて会員登録情報が変更されました。

万が一、本メールの内容に覚えがない場合には以下までお問い合わせください。

-----------------------------

楽天市場 お客様サポートセンター


>電話でのお問い合わせ 

 電話番号: ***-****-****

 受付時間: 9:00 ~18:00 (年中無休)

 ※通話料は、お客様負担となります。


>チャットでのお問い合わせ

 受付時間: 9:30 ~翌1:00(年中無休)


>メールでのお問い合わせ

 受付時間: 24時間365日(年中無休)

-----------------------------


変更された情報は、以下のページよりご確認いただけます。


■楽天会員情報の管理画面

(ここにもURLがつづられていました)

【メールアドレスを変更された場合】

セキュリティ確保の観点から、変更前のメールアドレスにもこのメールを

送信させていただいております。


================================================================

※当社の個人情報の取扱いについては「個人情報保護方針」をご覧ください。

(ここにもさらにURLが)
※本メールは送信専用です。

ご返信いただきましてもお答えできませんのでご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■楽天株式会社
タグ :

ご注意あれ

 2017-11-23
最近インターネット通販を装った怪しいメールが氾濫しているようです。
本日、私のところにもこんなメールが届きました。

件名: ご注文ありがとうございました
添付ファイル名: VJA ギフトカードインターネットショップ.doc

添付ファイルをクリックすると、とんでもないことが起きるらしい。
注文した覚えは微塵もありません。

また、こんなメールも届きました。
これも全く身に覚えがない案件です。

この度は、『nhkオンデマンド』をご利用頂き
誠にありがとうございました。
以下の通り、購入手続きが完了しました。
------------------------------------------------
[商品名] ドキュメント72時間
[お問い合せ番号] 201{{digit}}-001{{digit}}
[ご購入年月日] 2017年11月23日
[ご利用額合計(税込み)] ご利用金額 108 円
[ご利用条件] 購入後 1日0時間まで
[お支払い方法] クレジットカード

このあとにハイパーリンクで怪しいサイトに誘導する
リンクが貼られています。
クリックしたら最後、架空請求されるか、ウィルス感染するか
パソコンをロックされるか、ああ怖い。

普段から怪しいメールを見破る能力を身に着ける努力を
しなくてはなりませんが、相手はプロ。
自分から意思を持ってアクセスしたサイトや通販以外は
安易に信用しないようにしないといけませんね。
タグ :

ICONIA TAB A100 延命

 2017-09-13


Acerの7インチタブレット ICONIA TAB A100 を買ってから数年が経ちました。
WiFi専用タブなんですが、オリジナルはアンドロド3.2.1
さすがに最近のアプリは対応していないようで、Googleドライブとか楽天KOBOとかの
アップデートで蹴られてしまう。

そこで海外版のアンドロイドアップデートを試してみることにしました。
日本語対応ができるかどうかが心配。

結果は、休日1日かけて四苦八苦しながらも下記のとおりです。

IMG_2348_201709132237425fb.jpg

なんとかアンドロイド4.0.3にアップデート完了。
日本語入力もGoogl日本語入力システムを入れることで携帯電話並みの入力が可能に。

これでおじさんもLINEデビューを果たすことができました。

タグ :

Canon MG5430 不具合修理

 2017-02-12
ブログをほったらかしにしておいたら、いつの間にか雑草が生えていました。

今回は普段使っているインクジェット複合機、キヤノンMG5430のテキスト印字不具合について
ちょこっと修理してみましたので、覚書程度に書いてみます。

年賀状を印刷していて気付いたのは、カラー印刷部はきれいなのに、あいさつ文が二重ボケ
していたこと。同じテキストでもカラー文字は問題なく、黒のみがダメ。

何度ヘッドクリーニングしても、ノズルパターンチェックと調整を繰り返しても効果なし。
ノズルの詰まりかとも思い、ダメ元でヘッドをおろして水洗いしても同じ。
こりゃ~タイミングベルトの摩耗かなぁと思いましたが、カラーは問題ないので、さてなんだろう?

お得意のキヤノンタイマーかも。久々にエプソンに変えようかな~と考えてました。

そんな時、「プリンターヘッドの左右位置はエンコーダーフィルムで見ている」の記事を発見。
これが汚れていると正確な左右位置が読み取れず、往復印刷の時に片方だけずれるとのこと。

カラー印刷は基本片側(往路のみか復路のみ)らしいので行きと帰りでずれないようです。

フィルムの清掃は綿棒もしくはティッシュで・・・とのことでしたので、箸の先に綿棒をつけて
ふき取りをしてみました。



写真ではわかりにくいのですが、タイミングベルトのすぐ下、ネジの頭の部分に左右に走って
いるのがエンコーダフィルムです。非常に細かいスリットが入っていて左右に走るヘッドの
位置を光学センサーで読み取っているようです。

お掃除をした結果は、往復印字の黒テキストがかなり復活。様子をみることにします。

タグ :

ペンタブレット購入

 2016-08-18


デジタル写真をやっていると、少なからずレタッチをしたくなる写真がでてきます。
フォトショップなどのソフトを使うことが多いのですが、マウスでは細かい修正がやりにくい。

ペンタブ買おうかなぁ~と思いながらも、ワコムとかのメーカー品は、お値段が…。

Amazonあたりをウロウロしていたときに、3000円くらいで買える筆圧感知の
格安ペンタブを発見しました。(HUION 420)

IMG_2080.jpg

我が家にはWindowsXP、Windows7、Windows10の3種類のOSを使っているPCがあり
XP機もそこそこ現役ですので、これに対応しているモノがいい。

この中国産ペンタブは一応XP以降は対応ということで、試しに買ってみました。

IMG_2083.jpg

大きさはマウスと比較してみると、このとおり。大きい方がいいかと思いましたが
実際つかってみると、このサイズでも特に問題なく、手首を動かすだけで全範囲届きます。

ただし、ドライバは付属のバージョンではXPで筆圧感知しなかったので、メーカーHP
にある4種類から、なるべく古いバージョン(Ver.8)をダウンロード。

使い慣れるに従い、なかなかいいじゃん!マウスで線を描く時の、あのイライラ感が
減っている実感があります。これってどういう仕掛けになってんだろ。
ペンに単4電池を1本入れ、タブレットの表面近くで動かすとカーソルが着いてくる。
接触しなくても動くということは、ペンから電波が出てるんだろうか?

3000円前後でもそこそこ使えるので、たまにしか使わない人にはいいかも。

タグ :

カセットテープを復活させよう

 2016-08-15


中学の頃、SONYからWALKMANなるステレオカセットプレーヤが発売されました。
当時はラジカセこそ一般的になりつつありましたが、携帯性は乏しく音楽を
持ち歩くという概念は、まだまだの時代。

友人から中古でWALKMANを購入し、会社生活が始まってもなお愛用していました。

車を持つようになってからは、もっぱらカセットテープはカーオーディオの主流になり
いつも後席には数10本は入るカセットケースを常備しながらのドライブ。

その後CDが発売されるにつれ、だんだんとカセットテープの出番は少なくなり
いつしか音楽メディアはメモリーに録音される時代となりました。

我が家の秘密基地には、私の音楽ライフを共にしたカセットテープが未だ大切に
保管されており、40年近く昔に録音したものも健在です。

そんなカセットテープに録音されたレコードアルバムの中にはCD化されることなく
廃盤となったものも少なくなく、処分するには、ちと惜しい。

サンワダイレクトからカセット音源をデジタル化できるプレーヤーがお手頃で出ている
のを見つけ、さっそく購入。昔のWALKMANはアルミボディだったのに対し
これは外装はオールプラスチック。落としたら終わりだな。こりゃ。

変換は専用ソフトを使って行い、その後フリーソフトの録音調整アプリを経由し
レベルの調整や無音部分のノイズを消去すれば、アナログ調の懐かしい音楽が復活。

青春時代の思い出が、音楽と共によみがえってくるこの夏です。

タグ :

Windows7 Windows update 不具合

 2016-07-17
ノートパソコンを Windows7 に戻すべく奮闘中ですが
クリーンインストール後の Windows update が全く進まない。

色々と調べてみると、どうやら今年の春頃から全国的に
クリーンインストールの時に症状がでているみたい。

対応策としてはマイクロソフトのサイトから
KB3138612 という修正プログラムをダウンロードして
インターネット回線をオフラインにした状態で
インストールすると良いらしい。

早速やってみると、確かに Windows update が進むようになった。

なんで今更、こんな不具合がでるのか。
Windows10 への駆け込みアップグレードが多くなり 慌てて
Windows7 のクリーンインストールする人が多くなっている
のかしら?

普段から Windows をいじくっている人以外は、にっちもさっちも
いかなくなるんだろうなぁ。
インストールが
タグ :

やっぱ古いPCはだめか・・・。

 2016-07-16
週末に 長年使った Dell Inspiron1526の Windows10化に挑戦したのですが、やっぱうまくいかない。

アップグレード中の再起動では問題なく動いたのですが・・・。

ディスプレイアダプタ(ドライバ)が合わないようです。
ATI Radeon X1270 というディスプレイアダプタは Windows7 では
なんとかサポートできるようですが、Windows10 では読み込みがうまく
いかないようで、電源オフからの起動時にサインイン前に真っ黒画面に
なってしまう。バックグラウンドでは起動しているようで、Win+Pキーを
何回か押すと表示してくれる。
たぶん外部モニタを付けていればいいのだろうが、そんなものは手元に無し。

Windows の復旧とか色々と試しているうちに、Windows7に戻せなくなり
仕方なく、クリーンインストールするはめに。トホホ・・・。

やっぱHDディスプレイ未対応の時代のノートPCに Windows10 は
なかなか厳しいみたいです。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫